安い化粧水でも高い保湿力

質よりも量でカバー

数多くの基礎化粧品が販売されており、その価格はピンからキリまでです。
やはり高いものはそれだけ質も良く、効果も期待できますが、毎日使うものに費用はかけられないというのが正直なところです。

そこで、今回は安い化粧水でも高い保湿効果を実感できる使い方をご紹介いたします。

まず、化粧水をつける前に顔の毛穴を開かせます。洗顔後、湯舟につかって温まるのもいいですし、蒸しタオルを顔に被せてもいいでしょう。(ついでに首や肩を蒸しタオルで温めれば血行も良くなりリラックス効果ものぞめます。)

十分にあたたまったら、軽く水分を拭き取り化粧水をつけます。全体的につけたら、今度はティッシュでパックをします。

二枚重ねのティッシュを一枚にはがし、化粧水を十分に染み込ませます。それを、顔の乾燥が気になるところ(目元や口元など)を中心に貼り付けて押し当ててください。

10分くらい置いたら剥がし、手のひらで顔を包むようにパッティングします。その後は乳液や美容液を丁寧に塗り込みます。

安い化粧水でも、いつも以上の保湿効果を実感できるはずです。

コスメの豆知識トップへ


このページの先頭へ戻る