冬のスキンケア選び

季節によって変えることが大切

2月は、春を迎えようとしている季節なので
真冬のスキンケアから少しお手入れを変えることをオススメします。

まずは、普段のお手入れのポイントをお話します。
2月になると、1月とは違い朝晩の温度差も大きいのでお肌も疲れてきます。

更に紫外線もだんだん強くなってきているので今の時期から本格的に紫外線ケアが大事となる季節です。

まずスキンケアの選び方ですが、まだまだ温度差も大きい季節なので、皮脂の分泌も安定しなく肌疲れがおきやすい時期です。更に紫外線のダメージを受けるので、お肌水分をしっかり保って、お肌を守るバリア機能を高めるケアが大事です。

その際は、保湿の高いスキンケア選びが大事ですが、洗顔も大事です。

洗顔は一番ダメージを受けるステップなので、今の時期は特に皮脂の取りすぎには注意が必要なので、泡洗顔で優しくお肌の汚れを浮かしてとる感じにして、流すときは38℃ぐらいの温度のぬるま湯で流すことがおすすめ。そうすることによって突っ張らないのでお化粧水の入りもよくなってしっかり中から保湿をしてくれます。

更に今の時期なので最後は乳液ではなくクリームでしっかり蓋をしてあげて保湿を高めるケアがおすすめ。
乳液でもいいのですが、乳液は水分が多いので蒸発しやすいため、刺激を受けやすい季節にはクリームでしっかり蓋をすることをおすすめ。

日中は更に紫外線対策を忘れずケアを入れます。

コスメの豆知識トップへ


このページの先頭へ戻る